7つの最大のバカラ伝説

ギャンブルに関しては、人々は常に成功事例や幸運なものが大当たりすることについて聞くことを期待しています。彼らの注意は通常、大きな賞金と大きな賭けをする機会を組み合わせた、いわゆる高額のソリューションに焦点を当てています。 Baccaratはここの素晴らしいサンプルです。このゲームがかつて裕福な高貴なプレーヤーだけが利用できたということを本当に知っている人もいます。したがって、それ以来、多くの伝説がこのゲームプレイに関連していることは明らかです。コインの反対側も存在します。魅惑的な民話と勝者についての証明された事実があるので、悲痛な物語もあります。信じられないほどの損失は、しばしば前例のない結果につながります。 1人のパンターが2つのギャンブルセンターでバカラを賭けて2000万米ドルを達成しましたが、訴訟によってすべてのプールを失いました。別のプレーヤーは、ドナルド・トランプのタージ・マハル・カジノをほぼ破産させ、後に多額の現金を失ったために刀で殺害されたことで有名になりました。ご覧のとおり、運はギャンブラー側にはありません。これにより、関連するストーリーをさらに興味深く知ることができます。バカラのゲームプレイを通じて可能になった、さらに印象的な伝説を知るために、この記事を読み続けてください。以降!

twitter facebook
Image 7つの最大のバカラ伝説

著者:

Wesley Murphy

公開済み:

Tommy Renzoni

バカラのルーツは古代にまでさかのぼりますが、さまざまな地域でのバカラの存在はそれほど昔には始まりませんでした。 このゲームは、フランスから目的地までの7000 km以上をカバーし、大西洋を横断する壮大な旅をしました。 この賭けの娯楽が普及した最初の国はアルゼンチンでした。 このバカラの開発段階のヒーローは、トミーと呼ばれるフランシス・レンゾーニであることが判明しました。 ゲームの拡大に伴い、男がいたキューバに登場しました。 彼の貢献は誰にも負けません—彼はラスベガスのカジノでの導入の背後に立った人物でした:

  • トミーはかつて彼の故郷のホテルでマネージャーとして働いていました。
  • 彼がアメリカに引っ越した後、彼は他のプレーヤーにバカラを紹介するという申し出で地元のカジノと契約しました。
  • 合意した当事者の1つは、サンズカジノでした。 彼らは、ハイローリングに適した富志向の活動としてソリューションを確立しました。 ホールも贅沢でした。
  • 決定は成功し、Punto Y Panco(キューババージョンが知られている方法)は、20世紀以降の90年代にアメリカのギャンブラーや陸上プロバイダーの間で広くヒットしました。
  • その後、いわゆるミニバカラを含む他のバージョンが変更されました。

Punto Bancoのゲームプレイで現金を獲得することとの関係は直接的ではありませんが、米国での全体的な活動の人気と名声に対する彼の重要な貢献については議論されていません。アメリカのバカラの父になることは別として、この人はまた、一般的にギャンブル市場の熟練した教育を受けたファンとして認められました。彼が出版したバカラ(1973年と4年後の作品)の2つの作品は、オンラインと書店の棚で今でも見つけることができます。

彼の考え方をより詳細に理解するために、ここに彼が彼の本で共有したいくつかの視点があります。ハンドが3回続けてプレーヤーに有利な場合は、バンカーの勝利にすべてのバンクロールの賭け金をかけようとして、ギャンブルの誤謬に陥らないでください。プレーヤーの手をもう一度選択するか、賭けに立つことができます。この場合、損失は重大ではなく、将来的に大きな障害を回避できます。オフラインで(そしてオンラインでも)プレイする場合、他のギャンブラーの行動から感情的および精神的に独立していることが重要です。トレンドに逆らって賭けると、さらに厳しい賭けに巻き込まれる可能性があります。あなたがそれにコミットしているのであなたが賭けに賭け続けるならば、莫大な財産の損失の可能性はすぐそこにあります。

現代のギャンブラーにとってはまったく新しい真実のようには聞こえませんが、アメリカのバカラ時代の始まりを反映しています。 Renzoniは、トレンドのある賭けが役立つだろうと書いています。この戦術は現代の状況では機能せず、オッズは通常変更できないため、価値があり収益性の高いイノベーションに対する彼のプロ意識とプレミアムクラスの根性を損なうことはありません。

ギリシャのシンジケート

ほとんどの場合、ギャンブルはよく計画されたものではありません。多くのパンターは単に運に頼り、成功率を向上させるための勝利戦略にまったく注意を払っていません。ランダムな結果よりもスキルを優先することが、有名なギリシャのシンジケートへの道でした。このタイトルは一般的にマフィアギャングの名前に関連付けられていますが、現実は異なります。バカラを叩き、驚異的な賞品を獲得することは、シンジケートのメンバーにとって不可能な作業ではありませんでした。全体として、5人で、プントバンコで最高のギャンブラーと見なされています。

このコミュニティについての興味深い事実に気付くと、名前は自明になります—その創設者はギリシャ出身でした。最初に、2人の友人、すなわちNicolas ZographosとEli Eliopuloがフランスに引っ越しました。この国は、主にその有利なギャンブル条件と市場への新しいペルソナの歓迎のおかげで魅力的に見えました。ゾグラフォス氏は組織の長であり、その成功を後押ししました。彼の卓越した暗記能力と数学的才能のおかげで、靴を利用して、次のラウンドでどのカードが手に入るのかを確認することは難しくありませんでした。

彼らは、その時までにプロ選手になることができたチームの3番目のメンバーであるZaret Couyoumdjivanと知り合いになります。彼らのバンクロールは当初、4番目のコンパニオンであるAnthanase Vaglianoによって後援されていました。彼は海運業を通じて資本を増やした。残ったのは最後のパズルのピースに出くわすことだけでした。フランソワ・アンドレは彼らの最後の幸運なスターでした。約20年間、彼らは地元のカジノを訪れ、モンテカルロを含む最も有名なギャンブルの場所を訪れました。

彼らは他のゲームでも彼らのスキルを試しましたが、バカラは彼らの真の喜びとプロの分野でした。 20世紀の30年代の後、彼らはまだ外出中だった。しかし、彼らの名誉ある時間は第二次世界大戦の初めに終わりました。当時、多くのギャンブル施設は単に閉鎖され、いくつかの土地は賭けの機会を制限したり、まったく禁止したりしていました。

Archie Karas

こちらもギリシャで生まれた伝説のバカラ家の代表です。リストの他の代表者とは異なり、彼は彼自身の巨大な初期資金を持っていませんでした—アーチーは成功するためにローン技術を使用しました。収入は印象的で、1万米ドルを4000万ドルに変換する方法のサクセスストーリーであることは間違いありません。ザ・ランとしても知られるカラス氏は、一般的にギャンブラーと呼ばれ、これまでで最も過度のパントセッションを行っています。このペルソナについて知っておくべきことを以下に説明します。 1992年、男はラスベガスに引っ越しました。彼はポーカー仲間から前述の金額を借りて、ギャンブル市場にも従事しました。彼が勝った最初のバンクロールは1700万米ドルでした。ポーカーでのパントの他に、彼はプールもプレーしました。

その後、彼は市場で非常に多くの権力と評判を得たので、他のギャンブラーは彼と戦うことを望んでいません。リストには、チップリースなどのポーカーの有名人が含まれています。お気に入りのカードゲームを思い通りにプレイできなくなったため、カラス氏はクラップスが何であるかを体験しました。あなたの推測は正しいです:彼はまた成功し、勝利のプールを600万ドル増やしました。 1995年の終わりまでに、男性が持っていた総資本はすでに4000万米ドルだったので、プロの警備員の援助が役に立ちました。それが彼の勝利ラインのピークでした。彼がバカラを経験すると、彼の敗北は彼の勝利に取って代わりました—バカラで1100万、ポーカーで2、そして再びプントバンコで1700万など。全体として、カラス氏は力を取り戻し、勝者として戻ってきました。しかし、彼の成功はギャンブル市場での最初のストライキほど印象的ではありませんでした。

John W. Gates

バカラでの伝説的なギャンブルのこのヒーローは、最も熟練した成功したパンターの称号を求めてギリシャのシンジケートと間違いなく競争することができます。彼のキャリアが以前に起こったことを考慮に入れて、彼は業界の他の多くのゲーマーにインスピレーションを与えました。ジョンは1855年にシカゴで生まれ、生計を立てるために一生懸命働かなければなりませんでした。彼は薪を売る人として始まり、有刺鉄線を配る実業家として続けました。彼のギャンブルへの関心はどのようにして生まれましたか?

ゲイツ氏は最初の作業段階で、鉄道関係者と知り合い、地元の娯楽、つまりトランプに従事しました。ギャンブル業界は、より多くの国がこの市場の合法化を開始するまでに長い道のりを歩んできました。そのため、当時、自宅での賭けのセッションは自然なものでした。ジョンは、ゲストを招待し、生活空間からカジノを作りたいという彼らの願望を助けることができなかったパンターの一人でした。この人は、たとえば、故郷からニューヨークへ、またはその逆の電車の旅の間に、屋外でバカラをプレイすることができます。

昔々、ジョンは息を呑むような賭けをすることを決心しました。これは2700万ドルに相当し(現在の為替レートでは、合計は1ミッションドルに達します)、彼の仲間のプレーヤーも同じことを強いられました。彼のライバルの名前はあいまいになりましたが、そのユニークな経験について知られている瞬間がいくつかあります。ゲイツは銀行家の役割を果たしました。パートナーは1つの特別な条件に同意しました—合計で3つの手が扱われました。プレーヤーの仕事は、テーブル上のカードの一方または両方のセットがハンドのスコアを評価するために考慮されるかどうかを選択することでした。ジョンは順番に片方のハンドを持っていました。これは、「シュヴァル」の結果を知らない初心者向けの簡単なメモです。プレーヤーのために両手をプレーすると、ダブルロス、1つの成功と失敗のタイ、そして両手での絶対的な勝利につながる可能性があります。

彼らの試合は引き分けで終了しました。つまり、彼らは文字通り賭け金を交換し、元のバンクロールを維持しました。この物語は、ジョンのキャラクターの興味深い特徴の1つを証明しています。彼は戦いの準備ができていて、たくさんプレーして大きな賭けをする用意がありました。あなたの期待は正しく、ハイライトされたエピソードは、Bet-a-Million氏にとってこの種の経験だけではありません。彼女の夫とは異なり、Gates夫人はギャンブルに魅了されていませんでした。ジョンは家族関係を維持し、賭けの趣味を続ける方法について素晴らしいアイデアを思いつきました。彼は毎回ダイヤモンドを用意するだけで、自宅でのポーカーゲームからネガティブな感情に襲われる準備ができていました。

バカラは別として、ジョンゲイツはポーカーのファンでもありました。別の伝聞の話があります。それによると、彼は友人のラウンドに参加し、一瞬も休むことなく5日間連続して賭けに時間を費やしました。スポーツベッティングは男性にとっておなじみの活動でした。かつて彼は競馬の賭けに7万米ドルを費やしました。彼の報酬は彼の最初の賭けより8.5倍以上高かった。関連するストーリーは複数あります。彼が窓に落ちる最速の滴にさえ賭けたことを知ったら、その人格を理解するために他に必要なことは何もありません。

Akio Kashiwagi

仕事とギャンブルの成功を組み合わせた別の人は、彼の才能のために戦士とも呼ばれます。以前に強調されたペルソナとは異なり、アキオは中国で成功し、不動産市場で資金を調達しました。いくつかの調査によると、彼の総財産は10億米ドルを超えました。そのような巨大な資産を考えると、潜在的に極端な損失にもかかわらず、ハイローリングは彼にとって問題ではありませんでした。

柏木氏はいくつかのアメリカのカジノでプレーし、かつてラスベガスのある施設のプレミアムリーグのパンターのリストに含まれていました。大規模な賭け金は、彼のギャンブルのキャリアについてさまざまな話を煽っていました。アキオはバカラを尊敬していたので、彼は簡単に何時間もまっすぐに過ごし、多額の賭けを続けることができました。彼が80時間続けてプレーし、1ハンドあたり10万米ドルを賭けているのを見た目撃者がいました。バカラのルールがもっと処理できたとしたら、彼は確かに1ターンあたりのバンクロールを2倍にしたでしょう。

1990年、彼のハイローリング戦略はタージマハルカジノをほぼ台無しにしました。ベッティングプールはラウンドあたり約1200万米ドルで、運が彼を裏切る前に、プレーヤーはなんとか1000万ドルを集めることができました。トランプは当初の賭け計画が続くことを望まなかったので、彼は女性代表のディーラーを切り替え、最終的にアキオが必要な制限を達成するのを妨げました。ゲームは1200万の範囲まで続くはずでしたが、トランプの勝利で終了しました。

残念ながら、それはアキオの人生の最後のすごい話でした。彼はこの訪問の数週間後、つまり1992年に殺されました。刀で殺された人を覚えていますか?それが彼でした—100以上の傷。彼は亡くなり、いくつかのカジノへの借金を全額返済することができませんでした。彼の殺人事件は未解決のままです。アキオとヤクザとのつながりが原因ですべてが起こる可能性があるという提案がありますが、真実も墓に埋もれています。

Kerry Packer

ギャンブルはヨーロッパやアメリカだけでなく人気があります。 オーストラリアでは、おそらく賭博およびギャンブル業界のより著名なメンバーを見つけることができないでしょう。 このメディア界の大物は、国内で最も裕福な男とさえ見なされていました。 彼の莫大な財産(彼が亡くなったとき、彼の純資産は60億ドル以上に達した)を考えると、大きな賭け金を置くことは彼にとってお茶のように感じました。 彼のギャンブルの話は上昇と下降に満ちています:

  • 2000年に、彼はラスベガスで最大の迅速な失敗を引き起こしました—バカラを3日間プレイしたことで、金銭的なフィードバックなしで1,300万ポンド以上を費やしました。
  • その年、彼の総損失が計算され、約1,100万ポンドになりました。
  • ゲーム内のオッズをすばやく計算し、ショーでのカードの流れを覚えている彼の能力のおかげで(彼の写真の記憶は大いに役立ちました)、彼は熟練したバカラプレーヤーでした。 したがって、セッションあたり1,300万ポンドの勝利はランダムではありませんでした。

彼のスポンサーのおかげで多くの勝利ラウンドが可能でした。 かつて自分の財産を自分の資金として使っていた人格の中には、ジョージ・ハミルトンがいました。 それどころか、彼は注目を集めるのが好きだったので、テキサスの石油掘削装置の所有者はカジノから逃げることを選び、1億米ドルの価値を賭けることを拒否しました。

Phil Ivey

1977年に生まれたこの男は、ギャンブル市場で最も有名で最も裕福な才能の1人になりました。何よりもまず、人々は彼を熟練したポーカープレーヤーとして知っています。彼が勝ったいくつかの大会は、ライブトーナメントや、ワードシリーズオブポーカーなどの定評のあるバトルで、10個のゴールドブレスレットと2500万米ドル以上の現金を受け取りました。 2011年まで、わずか4年間で、彼はインターネットベースのギャンブルだけで2,000万米ドル以上の財産を築くことができました。

同様の金額は、Sunと呼ばれるSun氏とのパートナーシップでPhilIveyが獲得しました。しかし、彼らはバカラを賭けました。これは、このゲームがハイローラーに適していることを証明するだけです。彼らはいわゆるエッジソーティング技術を使用して勝利のチャンスを増やしました。このアプローチの基本的な側面は、カードデッキの視覚的な欠陥を見つけ、欠陥のある裏側に気付くことです。たとえば、Gemacoは特定のカードの値にわずかに異なるデザインを使用しました。これにより、関係者はこれらの相違を把握し、紫色の背景にあるユニークなダイヤモンドパターンの後にどのカードが来るかを予測できます。彼らのトリックが実際にどのように機能したかを次に示します。

SunとPhilはチームとしてはうまく機能しましたが、完了する必要のあるタスクと目的は異なりました。ケリーは、以前に強調されたテクノロジーの実現を担当しました。多くの注意が必要であることを考慮すると、視聴者と手の間の距離が課題を複雑にする可能性があります。二人がカジノに最初に要求したのは、彼らがプレーした場所で、北京語でコミュニケーションできるディーラーと取引することでした。

これらの要求は、陸上の施設のマネージャーにとっては奇妙に思えますが、主に彼らの莫大な賭け金のおかげでプレーヤーを支持しました—賭けに100万米ドル。言語に関しては、それはこのプレーチームの女性のネイティブのものです。さらに、Sunはカードを追跡し、ディーラーに180度回転してカードを届けさせるのが簡単でした。最後になりましたが、重要なことですが、彼らの技術はGemacoデッキなしでは不可能であり、この要求も満たされました。

彼らはそのような方法でたくさんの現金を獲得しましたが、賞金全体を受け取ることはできませんでした。彼らがギャンブルをしたアトランティックシティのカジノは、当初、パートナーに資金を「引き出す」ことを許可せず、銀行の休暇後に資金を提供することを約束しました。ロンドンでは、カメラとゲームの開催方法を確認した後、カジノは獲得したプールから1ペニーをカバーしませんでした。いくつかの訴訟が開始され、ケリーとフィルは訴訟を失いました。彼らの行動は犯罪的な不正行為とは見なされませんでしたが、そのアプローチは確かに圧倒的であり、通常の賭けでは通常と見なすことができるものの境界を越えました。

結論

より注意深い読者にとって、ギャンブルは巨額の賞品を獲得することだけではないことは明らかです。 この市場は、利害関係者に多くの経験を提供し、すべての物語から遠く離れてハッピーエンドを持っています。 コミュニティの一部のメンバーが、短期または長期のラウンドをパントして勝つという信じられないほどの能力で名声の殿堂に入ると、他のメンバーは、カジノの歴史に財産の大部分を費やすことで有名です。 全体として、バカラのような単純なゲームを好むことにしたとしても、スキルと運の両方が潜在的な成功の理由です。 また、ラッキースターを捕まえる方法についての統一されたアプローチはありません—それは常にエラーと試行錯誤の組み合わせです。